大手塾の唯一の存在意義

塾というものが、 小・中学生に有害であるケースが多い、 ということを、今までずっと書いてきました。 特に、「面倒見の良い個人塾」などは、 子供の自立心を奪い、試行錯誤の機会を奪い、 成長の機会を奪うケースがある。 しかも、そういう塾は、 子供本人や保護者の間では、 逆に「熱心なところだ」と評判が良くなりがち。 塾への依存心が増してしまい、 家庭の成長す…

続きを読む

良かれと思っているのに

かつての話ですが。 とある中学二年生の男子生徒に、 「因数分解」の課題を与えました。 因数分解は、本来、中学三年生の履修範囲です。 それをさせているのですから、これは勿論、「先取り」です。 ですが、そもそも因数分解というのは、パズルのようなもの。 原理は非常に簡単で。 早い遅いの違いはありますが、ほぼ全ての生徒が、マスターはします。 しかもその生徒は、十分に優秀でしたので…

続きを読む

意味のない指導をしている。

自分のしている指導が、意味がないなぁ、と思うことがあります。 いや、思うことがある、というレベルではない。ほぼ常に、思っています。 当たり前のことです。 指導とは、学力を伸ばすためのものですが。学力とは、自分自身でしか伸ばせないものだからです。 それでも、「指導」という名を借りて、やっていることといえば。 「知識」を伝えることぐらい。 言うまでもなく、こんな行…

続きを読む