乗り過ごしたら家に帰ってしまう

伸びない生徒のほとんどは、
「何故失敗したのか?」を考えない生徒です。




数学や算数などでは、私は常に、まず目の前で問題を解かせます。
そして、彼らはしょっちゅうミスをします。


そのミスに気づいても、私はすぐには何も言いません。
少し経って、そのミスのせいで生徒が誤答してから、
やってきた過程のどこかにミスがあった、と指摘をします。



その際。
彼らがミスを発見し、
それを素早く修正できることは、ほとんどありません。



ほとんどの生徒は、ただぼんやりと問題を読み直すのです。
そして、しばらくしてから、
おもむろにノートの新しいページをめくり、
もう一度解き直そうとします。



ミスの原因が、
問題の読み間違いだったり、計算ミスであったりしたなら、
その二度目で、正解する可能性は結構あります。


ですが。
同じミスを二度繰り返す生徒は非常に多いものですし、
もっと根本的なミスなどだったら、
二回目だって当然間違えます。



そうすると、彼らはどうするか?
また、ぼんやり問題を読み直し、
三度目のチャレンジをするか。

「分かりません」「無理です」と言うか。




それだけなのです。

たとえそれが、
ただ単に一桁の足し算をミスしただけのようなことであっても、
自分の式を一切見直さない。
そもそも、式を一切書かなかったり、
書いても、「間違えた」と指摘された瞬間、
素晴らしい勢いで式を消してしまったりする。


結果、こういう無意味な行動を繰り返すことになるのです。





言うまでもなく。
彼らには、
「間違いを修正する」という意識そのものがないのです。



「間違えた」=「ダメなことをした」=「やり直さねば」
で、終了しているのです。



少し修正するだけで、その問題は正解できるのに。



言って見れば。
家の近くの駅から電車に乗ったが、
乗り過ごし、目的の駅より一つ行きすぎてしまった。

普通は、その一駅分を戻ればいいのに。

彼らは、もう一度出発した駅に戻り、
さらに一旦家にまで帰ってしまって、
そこから再出発しようとするのです。



おそろしく、効率の悪い話です。


なのに、こんなことを平気でやっているのが、
今の生徒達なのです。

この記事へのコメント