優秀な生徒は「ジャンプ」する

本当に優秀な生徒と、それ以外の、普通の生徒との決定的な違い。
良く聞かれる質問ですが、
最近私が答えているのは、こうです。


普通の生徒は、問題を見たときに、
「どうすれば正解できるだろう?」と考えます。


しかし、優秀な生徒は、違います。
「どこが間違っているのだろう?」と、考えるのです。


つまり。
優秀な生徒は、問題を見て、
まず、直感的に、「正解」を浮かべるのです。

そしてその直感的な「正解」が、
本当に正しいのかどうかを、検証する。


それこそが、問題を前にした優秀な生徒達が
最も時間と労力をかけてやっていることなのです。





例えば。
「X×Y=12    XーY=1であるとき、
XとYの数を求めよ」

という問題を見たときに。

「和差算だ」「連立方程式だ」「2次方程式だ」などと、
多くの生徒は思うかもしれません。


しかし、ある程度気の利いた生徒ならば、普通に、
「かけて12、引いて1ということは、
X=3、Y=4か?」
と真っ先に浮かべる。

その上で、
「いや、XーY=1なのだから、X=4、Y=3だ」
と思い直し。


さらに、
「いや、答えは1組とは書かれていないぞ」
「答えが自然数だとは限定されていないぞ」

などと推理し。

結局2次方程式なども用いる場合もありますが、
多くが無事に、
「X=–3、Y=–4も答えになる」までたどり着くのです。




これを、最初から2次方程式を用いて解こうとする生徒は、
運良くミスをしなければいいのですが、
万一ミスをしてしまった場合、
大概それに気づけません。

平気で、「X=3、Y=4」などという答えを書いたりするのです。

明確に間違っているのに、気づけずに。



国語などでは、その差はもっと極端に出ます。

「空欄に当てはまる言葉を、文中の語句を抜き出して答えよ」という問題に対して、
ほとんどの生徒が、文中に適切な語句がないかを探します。

一つ一つの語句を拾い上げ、
当てはまるかどうか考えるのです。

おそろしく時間がかかりますし、
とんでもない見当はずれの答えを書くことも多い。


しかし優秀な生徒は。

その空欄にあてはまりそうな語句を、
まず自分の言葉で、作り出します。

そして文章中に、そのままの語句、
あるいはそれと似た意味の語句がないかを探すのです。



いわば、普通の生徒は、
「ゴールまでどうやればたどり着けるだろう?」と考え、
慎重に歩き出すのに対し、

優秀な生徒は、
とりあえずゴールめがけてジャンプし、
「ここが本当にゴールかな」と考えるのです。



そんな、問題に対する「第一歩」の違いのために。




結果的に。

優秀な生徒とそうでない生徒の間では、
一つの問題を解くのにかかる時間が、
圧倒的に違ってしまう上に、
「自分の答えを検証する」経験値が圧倒的に違うため、
「ミスに気づける確率」も、
圧倒的に違ってしまうのです。













この記事へのコメント