信長は英会話も中学受験もしなかった①

いきなり、織田信長の話ですが。 というか、司馬遼太郎の話ですが。「坂の上の雲」に、織田信長について触れたこんな一文があります。 かれはその生涯における最初のスタートを「寡をもって衆を制する」式の奇襲戦法で切ったくせに、その後一度も自分のその成功を自己模倣しなかったことである。桶狭間奇襲は、百に一つの成功例であるということを、たれよりも実施者の信長自身が知っていたところに、信長という男…

続きを読む

ライザップは痛いが、塾は痛くない。

中学までの勉強であれば、 ほんの小さな修正を加えるだけで、 簡単にできるようになる。 その「小さな修正」というのも、決して大変な努力を必要とするものではなく、例えば、「間違えても式を消さない」「単語帳を持ち歩く」程度のこと。 何の苦労もいらないことを、 しっかり守ってさえいれば、 あるレベルまでは、簡単にできるようになる。 そう私は言い続けて来ましたし、実際、本当に些細なことを…

続きを読む

謝るな+感謝するな!

近年、生徒の言動で違和感を覚えることは多いのですが、 中でも特にそれを感じるのは、 「すみません」という言葉を聞いたときです。 悪いことをしたら、謝る。 それは普通のこと、当然のことであり、 しっかりしていると評価して良いでしょう。 ですが。 謝るべきなのは、「悪いこと」をした場合。 例えば、遅刻をした時。 例えば、塾で騒いだ時。 そういう…

続きを読む